j

本文へスキップ

秋重・塚田研究室は、誘電体の作製や物性測定・物理教育を専門とする研究室です.

BaTiO3, BaTi2O5, etc. 誘電体の研究と物理教育をしています

秋重・塚田研究室は、誘電体の作製や物性測定・物理教育を専門とする研究室です.

教育や誘電体材料に関する質問は、気軽にお問い合わせください.

TOPICS

  • 理科教育に関わるNPO団体「島根わくわくサイエンスクラブ」に参加しています.
    松江市と雲南市の小学校5.6年生を対象にした年間会員制の科学教室です.
    月1回の科学教室を3クラス受け持っています.
    webpage 島根わくわくサイエンスクラブ

    本研究室は,7月にラジオ作りの活動を 松江と奥出雲で中心となって行います.
    (毎月,可能な限りヘルプにも行きます.)
  • 論文が掲載されました
    M.A. Helal, M Aftabuzzaman, S. Tsukada, and S. Kojima
    Role of polar nanoregions with weak random fields in Pb-based Role of polar nanoregions with weak random fields in Pb-based perovskite ferroelectrics
    Scientific Reports, Vol. 7, 44448, 2017.
  • 論文が掲載されました
    塚田 真也,秋重 幸邦
    BaTiO3におけるKF置換で誘起される臨界現象
    セラミックス 第51巻 10月号(2016年)
  • 強誘電体の国際会議Joint Conference RCBJSF-IWRFを2016年6月に松江市で開きました.
    詳しくはwebpageをご覧ください.RCBJSF-IWRF
     ようやく終わりました!
     ご協力いただいた参加者やスポンサーの皆さまに心から感謝します.
  • メンバー
    4回生や研修生・山田さんが去りました.
    新メンバーが加わりました.
  • 論文が掲載されました
    M. M. Rahaman, T. Imai, T. Sakamoto, S. Tsukada, and S. Kojima
    Fano resonance of Li-doped KTa1-xNbxO3 single crystals studied by Raman scattering
    Scientific Report, Vol. 6, 23898, 2016.
  • 論文が掲載されました
    D. Shimizu, S. Tsukada, M. Matsuura, J. Sakamoto, S. Kojima, K. Namikawa, J. Mizuki, and K. Ohwada
    "Negative correlation between electrical response and domain size in Ti-composition-gradient Pb[(Mg1/3Nb2/3) 1−xTix]O3 crystal near morphotropic phase boundary"
    Physical Review B, Vol. 92, pp. 174121 (5 pages), 2015.

NEWS新着情報

3月23日-28日
J-PARCに行ってきました.
非弾性の実験を勉強させていただきました.

2月15日-3月17日
リトアニアのVilnius Universityで滞在・
サバティカルの一環で行ってきました.
誘電測定の大家であるProf. Banysのグループにお世話になりました.

2月11日
卒論発表会
日下・柿元さんが発表しました.
ジャニさんも日本語で発表しました.
1月29-2月2日
2017 Workshop on the Fundamental Physics of Ferroelectrics and Related Materialsでポスター発表をしました.
 久しぶりのWilliamsburg! 
1月21,28日
わくわくサイエンスクラブで「光の科学」を担当しました.
湖南中の宮下先生と一緒に担当しました
12月20日
MRS-Jで発表しました.
久しぶりの学会発表でした.横浜,楽しい.
12月1-6日
日米先端科学シンポジウム(JAFoS)に参加してきました.
アーバインで,医療からビッグバンまで,幅広く科学を議論してきました.
次回はPlanning Group Memberとして参加します.

11月27日
第10回リフレッシュ理科教室
参加者の皆さま,企画をした皆さま,有難うございました.
講演は,高橋恵一主幹教諭(松江四中)がお引き受けくださいました.
11月21日
バイオマス発電所見学
松江市にある松江バイオマス発電株式会社(ナカバヤシ)の発電所見学を行いました.

説明がとても分かりやすく,勉強になりました.
何より発電所の規模がちょうどよく,理科の見学に丁度良いと感じました.
白須さまはじめ,松江バイオマス発電株式会社に心から感謝申し上げます.
11月20日
中学生ロボコンの島根県大会に審査員として参加しました.
11月14日
太陽光発電所見学
松江市にある平井建設のメガソーラーを見学しました.

ご丁寧に説明して下さった家島様・寺本様をはじめ,平井建設の皆さまに心から感謝申し上げます.
11月6日
「科学の甲子園ジュニア 全国大会」に附属中学校の学生が参加します.
台車を作って転がす,模擬大会を本研究室で行いました.
11月1日
開星高校で授業を行ってきました.
4人の大学生も協力してくれました.
10月26,27日
隠岐の島の発電所,蓄電所に視察で行きました.
自然エネルギーとNASとLi-ionハイブリッド蓄電システムを見学しました.
Dyaningさんが理科の教材化を行います.そして,この教材を使って,2月に附属中学校で実践を行う予定です.

写真は,1年ぶりに食べた隠岐そばです.
サバの出汁に短い十割蕎麦が入っており,汁と蕎麦を一緒にすすります.

福間さんはじめ中国電力の皆さま,隠岐の島町の役場の方のおかげで,素晴らしい経験をすることができました.
10月25日
卒論の中間発表
日下さんと柿元さんが頑張りました.



10月22日
島根大学「夢の先進研究大公開」を開催しました.
webpage: http://www.ipc.shimane-u.ac.jp/yume/
255名の方+1匹のねこが来てくれました.

講演では,「強誘電体の便利さ・島根大学の強誘電体の研究」について話しました.


10月14日
島根県小中学校科学作品展,日本学生科学賞島根県展
審査をするために,邑南町に行ってきました.事務局の皆さま,どうもお世話になりました.びっくりするような研究成果を見ることができました.
10月13日
島根大・日本鉱業協会の交流会に参加しました.
島根大学ナノテクプロジェクトセンターのメンバーとして,誘電材料の便利さ,ラマン分光を使った材料の評価法を発表しました.
9月12日
日米先端科学会議の事前検討会に行ってきました.
日本学術振興会と米国科学アカデミーが開く若手のための会議です.
理科の面白さ!を肌で感じてきました.
本番は,12月にアーバインで.
9月11日
蕎麦の花が咲きました!8月上旬に種まきをしました.

9月7-9日
セラミックス協会講演会で広島大学に行きました.
依頼公演をしてきました.
呼んで頂きまして,保科先生には感謝です.
8月26,27日
蔵王で,誘電体・誘電体夏の学校を開催しました.

あ~,楽しかった.
8月10-12日
共同研究先のHallym大学を訪問しました.

ちょうど,日韓強誘電体で来ていた小島・森先生と一緒に.
6月29日
教育学部アカデミックカフェがありました.
富澤先生のご発表をみんなで聞きました.今回で9回目です.
6月19-23日
学会
RCBJSF-IWRFを開催しました.
招待講演も行い,へとへとになりました.
みんなで服部珈琲に行きまくったのが,良い思い出.
6月14-19日
NISTのBurton博士が本研究室に滞在しました.
強誘電体の第一原理計算・分子動力学計算の話をたっぷりしました.
6/17には,研究会(というかゼミ)を開き,たっぷり議論を交わしました.


6/18には,NISTのGehring博士や大和田さんも合流しました.
5月25-28日
学会
強誘電体応用会議で特別講演をしてきました.
大御所を前に30分の講演は,とても緊張しました.



以前のものは:NEWS

copyright©2011 Akishige Lab.