j

本文へスキップ

秋重・塚田研究室は、誘電体の作製や物性測定・物理教育を専門とする研究室です.

BaTiO3, BaTi2O5, etc. 誘電体の研究と物理教育をしています

秋重・塚田研究室は、誘電体の作製や物性測定・物理教育を専門とする研究室です.

教育や誘電体材料に関する質問は、気軽にお問い合わせください.

TOPICS

  • 強誘電体の国際会議Joint Conference RCBJSF-IWRFを2016年6月に松江市で開きます.
    webpageをご覧ください.RCBJSF-IWRF
       ・3か月を切り,みんなであせり始めました.
     ・CommitteesPlenary Lecturesを更新しました.
  • 第20回 中国四国北九州誘電体セミナーを開催しました.
    集合写真や奨励賞受賞者をアップしました.
    web page
  • 理科教育に関わるNPO団体「島根わくわくサイエンスクラブ」に参加しています.
    松江市と雲南市の小学校5.6年生を対象にした年間会員制の科学教室です.
    月1回の活動があります.webpageが開設されました. 島根わくわくサイエンスクラブ
  • 論文が受理されました
    M. M. Rahaman, T. Imai, T. Sakamoto, S. Tsukada, and S. Kojima
    Fano resonance of Li-doped KTa1-xNbxO3 single crystals studied by Raman scattering
    Scientific Report, accepted.
  • 論文が掲載されました
    M.S. Islam, S. Tsukada, and S. Kojima
    Anomalous thermal hysteresis of two first order phase transitions in relaxor ferroelectric 0.9455 Pb(Zn1/3Nb2/3)O3-0.055PbTiO3 crystals studied by Brillouin scattering
    Journal of Applied Physics, Vol. 119, pp. 094106 (5 pages), 2016.
  • 論文が掲載されました
    D. Shimizu, S. Tsukada, M. Matsuura, J. Sakamoto, S. Kojima, K. Namikawa, J. Mizuki, and K. Ohwada
    "Negative correlation between electrical response and domain size in Ti-composition-gradient Pb[(Mg1/3Nb2/3) 1−xTix]O3 crystal near morphotropic phase boundary"
    Physical Review B, Vol. 92, pp. 174121 (5 pages), 2015.
  • 論文が掲載されました
    S.H. Shin, J.-H. Ko, S. Tsukada, Y. Akishige, K. Roleder, and D. Rytz
    "Influence of KF substitution on the ferroelectric phase transition of lead titanate
    single crystals studied by Brillouin light scattering"
    Journal of Advanced Dielectrics, vol. 5, 155011 (2015).

NEWS新着情報

3月19-22日
学会
日本物理学会春季大会で講演してきました.
行く途中,東京工業大学により,保科先生に実験室を見せてもらいました.
3月4-6日
学会
北海道大学で開かれたJoint International Workshop of WFF &WFSMで講演をしてきました.
小野寺先生の退官記念講演「強誘電体研究を振返って」も聞くことができ,充実した研究会でした.開いて下さった武貞先生・高島先生に感謝します.
2月27日
エネルギー環境教育
島根わくわくサイエンスクラブ in 松江
今回は,「不思議な石ー磁石のなぞー」
鉱物中の磁石を探したり,磁石でスピーカーを作ったり.
2月22日
学会
豊田理化学研究所 特定課題研究「マルチプローブ融合利用による新奇強誘電体材料の物性解明」の研究会を関西学院大学で開きました.
今回は,「量子ビームを用いた時分割顕微計測の現在と未来」と題して,光によるナノ領域の測定や放射光・中性子を用いた分光の話がありました.
2月18日
教育学部パワーアップセミナがありました.
3回生対象に,教員に必要な力を上げるための合宿です.
(口の悪い人は,教採対策といいますが...)
理科だけでなく,教員になるためのサポートもみんなで行っています.
2月13日
自然環境教育講座の卒論・修論発表会がありました.
本研究室から,須貝さん・渡部さんが発表をしました.
卒業生の山本さんも一緒に.

2月3日ー6日
ノーステキサス大学を訪問してきました.
共同研究者のところで実験を見学したり,議論を行ってきました.
写真は,Ezekiel博士(左)とNeogi教授(右).

2016年1月31日ー2月3日
学会
ワシントンDCで開かれた2016 Workshop on the Fundamental Physics of Ferroelectrics and Related Materialsで発表してきました.
11月28日
エネルギー環境教育
第9回リフレッシュ理科教室を開催しました.
対象:小中高の教員,教員志望の大学生
場所:島根大学総合理工学部2号館2階学生実験室
webpage: http://physics.edu.shimane-u.ac.jp/Refresh_Rika/RefreshRika.html

写真は,教育センターの岡本先生
理科におけるアクティブラーニングに関する,熱い御講演でした.

11月6日
学会
豊田理化学研究所 特定課題研究「マルチプローブ融合利用による新奇強誘電体材料の物性解明」の研究会を岡山大学で開きました.
今回は,「KDPの強誘電性発見80年」と題して,平均年齢高めでした.


懇親会でのヒトコマ.

11月16日
エネルギー環境教育
ロボコンプロジェクト
創造アイデアロボットコンテスト全国中学生大会 島根県予選で審査員をしてきました.プロジェクトの大学生も実行委員として審判や会場準備を手伝いました.

普段,プロジェクトで指導に関わっている附属中の中学生が中四国大会にコマを進めました.
11月6日
学会
USE2015超音波シンポジウムで講演しました.会場が大きかったです.
11月3日
エネルギー環境教育
10/30に電気の勉強会を行い,
11/3に水力発電所(雲南),原子力発電所(松江)見学に行きました.
現地を見ないと分からない規模や周辺環境,現場で働いている中国電力の人の声を聞くことができてとても有意義でした.
 また,発電所では中国電力の営業所の方の出前授業や教材を観ました.

水力発電所の前での集合写真.
10月23日
エネルギー環境教育
第59回日本学生科学賞島根県展・第68回島根県科学作品展の審査をしてきました.小中高校生の作品がいっぱい.勉強にもなりました.
9月
学会
応用物理学会,ドメイン研究会,物理学会と発表をしました.
8月31日
学会
TICMS2015
で講演をしました.

小島先生に森先生,大変お世話になりました.
8月25,26日
セントラル硝子から松田さんが実験に来ました.
8月6&22日
エネルギー環境教育
島根わくわくサイエンスクラブ in 雲南&松江
松江市と雲南市の小学校5.6年生を対象にした年間会員制の科学教室です.
8月は,「発電方法とエネルギー」でコンデンサーカーを作製しました.

今回の様子は,サイエンスクラブのウェブサイトにアップされています.
7月31日
豊田理研の特定課題研究「マルチプローブ融合利用による新奇強誘電体材料の物性解明」
の研究会に参加しました.
7月27日
入試説明会で大社高校へお邪魔しました.
4回生の有藤さんに,手伝ってもらいました.



そのあと,教員採用試験1次お疲れ様会.
他研究室の人がいっぱい来ました.
6月29日
エネルギー環境教育
4月に蒔いた麦がスズメに食われました.
収穫0です!

畑に悲壮感が漂っています...
6月27日
エネルギー環境教育
島根わくわくサイエンスクラブ in 松江
6月は,「電池なしできこえるラジオ作り」
松江市と雲南市の小学校5.6年生を対象にした年間会員制の科学教室です.
月1回の活動があります. 

6月はゲルマニウムラジオを作りました.
7月は中海に出ます!
6月24日
分光器の廃棄
神志那研究室時代からあったダブルの分光器を廃棄しました.

6月19日
第20回中国四国北九州地区誘電体セミナ―
島根大で開きました.
集合写真や若手奨励賞受賞者をアップしました.

参加者の皆様,楽しい講演に楽しい議論を有難うございました.







以前のものは:NEWS

copyright©2011 Akishige Lab.