j

本文へスキップ

秋重・塚田研究室は、誘電体の作製や物性測定・物理教育を専門とする研究室です.

BaTiO3, BaTi2O5, etc. 誘電体の研究と物理教育をしています

秋重・塚田研究室は、誘電体の作製や物性測定・物理教育を専門とする研究室です.

教育や誘電体材料に関する質問は、気軽にお問い合わせください.

TOPICS

  • 強誘電体の国際会議Joint Conference RCBJSF-IWRFを2016年6月に松江市で開きました.
    詳しくはwebpageをご覧ください.RCBJSF-IWRF
     ようやく終わりました!
     ご協力いただいた参加者やスポンサーの皆さまに心から感謝します.


  • 科研費 基盤研究(C)が採択されました.
    角度分解偏光ラマン分光で観るペロブスカイト型強誘電体の不均一構造研究課題
  • 理科教育に関わるNPO団体「島根わくわくサイエンスクラブ」に参加しています.
    松江市と雲南市の小学校5.6年生を対象にした年間会員制の科学教室です.
    月1回の活動があります.webpageが開設されました. 島根わくわくサイエンスクラブ
  • メンバー
    新メンバーが加わりました.
  • 論文が掲載されました
    塚田 真也,秋重 幸邦
    BaTiO3におけるKF置換で誘起される臨界現象
    セラミックス 第51巻 10月号(2016年)
  • 論文が掲載されました
    M. M. Rahaman, T. Imai, T. Sakamoto, S. Tsukada, and S. Kojima
    Fano resonance of Li-doped KTa1-xNbxO3 single crystals studied by Raman scattering
    Scientific Report, Vol. 6, 23898, 2016.
  • 論文が掲載されました
    M.S. Islam, S. Tsukada, and S. Kojima
    Anomalous thermal hysteresis of two first order phase transitions in relaxor ferroelectric 0.9455 Pb(Zn1/3Nb2/3)O3-0.055PbTiO3 crystals studied by Brillouin scattering
    Journal of Applied Physics, Vol. 119, pp. 094106 (5 pages), 2016.
  • 論文が掲載されました
    D. Shimizu, S. Tsukada, M. Matsuura, J. Sakamoto, S. Kojima, K. Namikawa, J. Mizuki, and K. Ohwada
    "Negative correlation between electrical response and domain size in Ti-composition-gradient Pb[(Mg1/3Nb2/3) 1−xTix]O3 crystal near morphotropic phase boundary"
    Physical Review B, Vol. 92, pp. 174121 (5 pages), 2015.

NEWS新着情報

10月26,27日
隠岐の島の発電所,蓄電所に視察で行きました.
自然エネルギーとNASとLi-ionハイブリッド蓄電システムを見学しました.
Dyaningさんが理科の教材化を行います.そして,この教材を使って,2月に附属中学校で実践を行う予定です.

写真は,1年ぶりに食べた隠岐そばです.
サバの出汁に短い十割蕎麦が入っており,汁と蕎麦を一緒にすすります.

福間さんはじめ中国電力の皆さま,隠岐の島町の役場の方のおかげで,素晴らしい経験をすることができました.
10月25日
卒論の中間発表
日下さんと柿元さんが頑張りました.



10月22日
島根大学「夢の先進研究大公開」を開催しました.
webpage: http://www.ipc.shimane-u.ac.jp/yume/
255名の方+1匹のねこが来てくれました.

講演では,「強誘電体の便利さ・島根大学の強誘電体の研究」について話しました.


10月14日
島根県小中学校科学作品展,日本学生科学賞島根県展
審査をするために,邑南町に行ってきました.事務局の皆さま,どうもお世話になりました.びっくりするような研究成果を見ることができました.
10月13日
島根大・日本鉱業協会の交流会に参加しました.
島根大学ナノテクプロジェクトセンターのメンバーとして,誘電材料の便利さ,ラマン分光を使った材料の評価法を発表しました.
9月12日
日米先端科学会議の事前検討会に行ってきました.
日本学術振興会と米国科学アカデミーが開く若手のための会議です.
理科の面白さ!を肌で感じてきました.
本番は,12月にアーバインで.
9月11日
蕎麦の花が咲きました!8月上旬に種まきをしました.

9月7-9日
セラミックス協会講演会で広島大学に行きました.
依頼公演をしてきました.
呼んで頂きまして,保科先生には感謝です.
8月26,27日
蔵王で,誘電体・誘電体夏の学校を開催しました.

あ~,楽しかった.
8月10-12日
共同研究先のHallym大学を訪問しました.

ちょうど,日韓強誘電体で来ていた小島・森先生と一緒に.
6月29日
教育学部アカデミックカフェがありました.
富澤先生のご発表をみんなで聞きました.今回で9回目です.
6月19-23日
学会
RCBJSF-IWRFを開催しました.
招待講演も行い,へとへとになりました.
みんなで服部珈琲に行きまくったのが,良い思い出.
6月14-19日
NISTのBurton博士が本研究室に滞在しました.
強誘電体の第一原理計算・分子動力学計算の話をたっぷりしました.
6/17には,研究会(というかゼミ)を開き,たっぷり議論を交わしました.


6/18には,NISTのGehring博士や大和田さんも合流しました.
5月25-28日
学会
強誘電体応用会議で特別講演をしてきました.
大御所を前に30分の講演は,とても緊張しました.



以前のものは:NEWS

copyright©2011 Akishige Lab.